お預かり

猫がいる自宅

猫がいる自宅と別宅。自宅は今はもう2匹だけ。別宅は…内緒(^^;) 知ってる人は知ってるけど。
で、自宅のお話。実は今、3匹目がいる。そう、預かりさん。自宅で3日だけ保護した子猫。里親さん宅で幸せに、大切に愛されてたのだけど、飼い主のパパさん、急遽入院。家の中で転倒して骨折されてしまったのだ。
大変なのはそのパパさんと、飼い猫マーオ。それは重々分かっている。分かってはいるが、マーオパパ、何故に盆前にそんなことになった!?と言いたい(-_-;) 一年で店が2番目に忙しい時期、それがお盆。そして暑いゆえに、別宅の屋根裏部屋が使えない。留守宅に通うことも考えたけれど、それは私の体力的に…なので。
かくして、3日だけ過ごした(猫にとってはまったく知らぬ場所でしかない)自宅でお預かりすることに。

マーオパパは心配してなかったようだけれど、私としては想定内。
想定外は、炭治郎がマーオのストーキングを始めたこと(^▽^;) お蔭でマーオはさらにフーシャー。せなはたまに様子を見に行くけどほぼ氣にしてない。(体調不良から復活して以来、せなは穏やかに、丸く、どんと構えられるようになった。)
画像の暗がりの右奥、猫耳が炭治郎。お分かりいただけるだろうか。

ただし、月曜からお預かりし、昨日の時点で、マーオがだいぶ我が家に慣れ、立場が微妙に逆転しつつある。炭治郎がグイグイと寄って行ってたのに、今はマーオに押され氣味。ご飯も奪われる始末(笑)
そして、数日忘れ去っていたお母さん(私)のことを、やっと思い出してすりすりしてくれるようになった(嬉)

さて予定では残り2~3週間。マーオパパの回復&リハビリ次第。
何とか落ち着いてきたから、私の生活のペースもまた元に戻してもいいのかなぁ、と思い始めている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました