人の性質とか、タイプとか

読書日記

私は、そういうものに興味をそそられるのかな。どう考えるのかとか、どういう人となりなのかとか。
最近読み終えた3冊の本が楽しくて仕方なかった。「自分は、母は、あの人は、この人は」と照らし合わせてみる。もちろんそれだけで人の全てが説明できるわけではないけれど、納得できるところは大いにある。

「4つの気質と個性のしくみ」ヘルムート・エラー
「古代マヤ暦「13の音」占い」越川宗亮
「古代マヤ暦「13の音」シンクロ実践編」越川宗亮

占星術ももちろん興味はある。だけどそちらはちょっとまだ敷居が高い(^^;)
太陽星座が魚座で、月星座が乙女座だということだけでも、いろいろ納得いく部分はあるけれど、それ以外の部分の理解が追いつかないので保留中。ホメオパシーと絡めての本とかも積ん読にあるくらいなのだけど。

気質とか、マヤ暦の銀河の音はどれに当たるのかとか、岡田斗司夫氏の言う「4つの欲のタイプ」とかは、相手がどういう考え方をするのか、そういう表現をするとより伝わるのかということを考える時に、とても役に立つ。と思う。
まだ断言できるほど役立ててられないのだけれど…。ツールはいくつ持っててもいい、と思う。ちゃんと使えば、ではあるけれど(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました