猫がいる暮らし

猫がいる自宅

今度こそ最期…だと思った

私の体調不良と、別宅ちょこの食事断ちと同時に、実は、自宅に迎えたりしり(元・店の外猫)も何度目かの絶不調になっていた。 これまでの数度の不調とはちょっと様相が違っていて、意識のある昏睡状態(いや、完全に間違ってる表現(^^;))みたいにな...
猫がいる別宅

ちょこ、ありがとう。

5月8日、推定14歳、家庭内のら猫・ちょこ、旅立つ。 自分から我が家に入ってきたのに、最期まで懐いてもらえなかった。何年かかっても、いつかは抱っこを、って思ってたのにね。旅立つ3日前にやっとちょっと触らせてもらえて、2日前には...
猫がいる別宅

ありがとう、ひふみ

8年弱はリードに繋がれっぱなし、飼い主さんの入院に伴い、多頭飼育の我が家(通称別宅の方)で2年ちょいの完全室内飼い、3度の脱走を経て、2年弱の外暮らし。とは言え、ご飯は私とお隣の猫友おじちゃんが用意し、寝場所は半地下状態の駐車場(所有者は猫...
猫がいる自宅

我が物顔の驚異の猫

驚異の猫は、今日も相変わらず我が道を行く。 炭治郎とわずかながら、遊びの追いかけっこらしきことができるようになった。・・・先日の体調不良が治まってから。そう、またしても体調が落ちた。2日で復活してくれたから良かったけど、一時はヒヤッとして...
猫がいる自宅

驚異の猫、ついに自宅猫に。

という次第。 危ない時期を繰り返した挙げ句、元氣になって店の2階から度々店先に降りてきてしまい、それは困る、と言う母の決断。 自宅猫になるには母の認可が必要。別宅の場合は私の覚悟だけが必要。 まぁ、迷惑するのは自宅で暮らす炭治郎と...
タイトルとURLをコピーしました